i-mobile
砂漠のパリジェンヌとらちゃんの仰天動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ダルビッシュ
2.キャベツ
3.阿佐田哲也
4.Love
5.Lucky Brand
6.WAHAHA本舗
7.Deftones
8.1985
9.落語天女おゆい
10.ダイド

雲をつかむ話  本当に雲をつかむような話だ。この作家の作品は、感覚的にわかるので、好きです。ストーリーは、あるようであって、ないようであって、やはり、あるらしい。現実なのか、夢なのか、自分なのか、他人なのか、今なのか、過去なのか、ドイツのどこにいるのか・・・。そんな感覚が好きだ。
 (引用)
 目の前に男の顔がある。肌の色はくすんでいるが、瞳の中では滝に打たれる石のように飛沫が激しく動いている。わたしと目が合うと、幼友達でも見つけたようにその表情がパッと開いた。初対面である。誰かに似た顔。思い出せない。乾いて色に燃える唇が開いて、息といっしょに、ぼっぼっと音節をぶつけてくる。口のまわり、目尻、額の皺たちの活動も活発で、小刻みに小さな波が岸に打ち寄せてはまた引いていく。(引用終わり)

Ghost, The この作品によってロバート・ハリスという作家を知りました。記者、ノンフィクション作家を経てきただけあって、現代社会の生々しい現実感覚が良く出ています。ブレア首相がモデルとされていますが、さもありなんという内容で本当の問題人物は他に居ることが最終部分まで隠されている構成はこの作品を本格的な推理小説としても優れたものにしています。ただしあまり掘り下げては書き難いテーマなので、ハリスの以前の作品、例えばArchangelほどは細緻さに欠けるのが特徴ですが、これはこれとしてやはり興趣尽きないものがあります。なおハリスは映画化に当たって脚本も書いていますが(共同執筆)三角関係が綾なすドラマが前面に出てこないので原作小説の面白さが若干希薄化しています。
オーパス・エポニモウス 皆さんの感想や雑誌のコメントからカテドラルのデカダンス辺りを想像してましたが、とんでもない!ポップな要素にダークな雰囲気が絡み付く、凄く個性的である。 70年代から80年初期を思わせる古臭い音もいい! 個人的ですが、この衝撃はディジー・ミズ・リジー以来です。 ラストの素晴らしいインストまで捨て曲なし。 全てのロック、メタルファンに聴いて欲しいです。 怪しげなVoと素晴らしいGフレーズに酔いしれろ!
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!